本文へスキップ

東京理科大学T部体育局空手道部OB会 理空会 

理空会とはrikukai

理空会とは

 理空会とは昭和35年(1960年)、現役学生への支援体制を主眼として発足した
東京理科大学空手道部OB会を称し、「会員相互の親睦」、「会員間・現役学生・他
外部への広報」、「空手道の技術向上」を目的とし、活動を行っております。

 理空会発足により現役学生に対する指導・支援体制が充実し、その後の空手道部
の発展に繋がる基礎となりました。その成果として昭和43年(1968年)の東日本
大学選手権ベスト8をはじめとして数々の成績を収め、全日本大学選手権の常連
出場校に育ちました。

 昭和41年(1966年)には、野田キャンパスが完成し、野田地区において空手道部
が創部いたしました。現在も続く、神楽坂地区・野田地区を一体とした空手道部の
体制は、このときから始まっております。野田地区の空手道部創部は、理空会の尽力
によるものであり、当時の若手OBが野田キャンパスに足を運び、上級生がいない
1年生だけの野田部員への指導を行いました。

 昭和40年代中頃は、最大で70名程度の部員数を誇る大所帯でありましたが、その後
部員数は減少傾向となっていきました。そのような状況にありながらも、空手道部は
安定した成績を収め、平成元年(1989年)には、全日本大学選手権5年連続出場を
達成いたしました。

 平成時代に入ってからは、平成8年(1996年)の全日本大学選手権ベスト16などの
成績を収めましたが、平成10年(1998年)の関東学生空手道連盟の2部制導入の際、
決定戦において2部降格となりました。その後数年間は低迷が続きましたが、平成14年
(2002年)の関東大学選手権において2部優勝を果たし、1部に昇格することができました。
1部昇格以降は、かつての全日本常連校の時代が蘇ったように、5年間で4回の全日本大学
選手権出場を果たしました。この時代の部員数は、4学年合計して10数名程度と少数では
ありましたが、稽古内容の充実や、理空会による現役部員のバックアップなどが良い結果
に結びつきました。
 しかし、部員数の更なる減少などの問題もあり、平成21年(2009年)には再び関東大学
選手権において2部降格となりました。

 平成23年7月現在、現役部員は2年生2名、1年生2名の合計4名と非常に少ない状況です。
部員数が少ない状況であるからこそ再度理空会会員が結束し、現役部員をバックアップする
体制づくりが必要とされているのではないでしょうか。