支部長あいさつ

 平成28年4月より、岩手支部長を仰せつかっております昭和53年度理工学部数学科卒の福士猛夫と申します。どうぞよろしくお願いします。
 岩手支部は、昭和42年頃から高等学校等に勤務する同窓の先生方が互いに連絡を取り合いながら名簿作りに着手し、支部総会を毎年開催しています。
 例年11月に盛岡のホテルで支部総会を開催し、事業及び会計の承認をいただき、その後、各界の方々の講話や教育実践の紹介等交えながら情報交換を行っています。併せて本部から最新の大学や同窓会の状況等を情報提供いただいています。
 総会終了後は懇親会を催し、出席会員の近況報告や在学時の思い出等を語り、先輩後輩の垣根をなくし、和気藹々と話が弾んでいきます。
 年1回の集まりではありますが、高校等の教員、地元の大学、そして民間企業で活躍している方々を交えての情報交換の場であり、同窓の貴重なネットワークとなっています。近年、出席者数が減少傾向にありますので、多くの同窓生の出席をお待ちしています。
 また、東京理科大に進学する県内高校生が年々減少しているとともに、卒業後岩手に戻る学生も少なく、若手会員の減少が悩みです。
 先輩方がこれまで築いてこられた50年に近い岩手支部の歴史を継承していくよう、本部のご支援をいただきながら、支部会員の皆様とともに盛り上げて参りたいと考えています。今後も、よろしくお願いいたします。


福士 猛夫
(S53理工/数)

< 次のあいさつ 前のあいさつ >

新着情報