支部の規約

理窓会広島県支部会則

■第一章 総 則

第一条
本支部は理窓会広島県支部という。

第二条
本支部の事務局は支部長の定めるところにおく。


■第二章 目的及び事業

第三条
本支部は会員相互の親睦を図り、合わせて母校の発展に協力することを目的とする。

第四条
本支部は前条の目的を達成するために次の事業を行う。

  1. 名簿の発行
    但し、当分の間、総会出席(予定)者のみを出席者へ配布することとし、逐次充実を図っていく。
  2. 総会及び役員会(必要に応じて)の開催
  3. その他本会の目的に必要な事業

■第三章 会 員

第五条
本支部は広島県に在住する次の会員で構成する。

  1. 東京理科大学または東京物理学校を卒業した者
    註)山口東京理科大学、山口及び諏訪短期大学を含む
  2. 上記大学に2年以上在籍したもの
  3. 本支部の事業を賛助する者で、役員会で推薦された者

■第四章 役 員

第六条
本支部に次の役員をおく。

  • 支部長:1名
  • 副支部長:若干名
  • 幹事:若干名(内1名は庶務及び会計を兼ねる)
  • 顧 問:若干名
第七条
役員の選出は次の通り定める。

  • 支部長は総会において推挙された者とする。
  • 副支部長及び幹事は支部長が委嘱する。
  • 顧問は総会において推挙された者で、支部長が委嘱する。

第八条
役員の任期は3年とする。
但し、重任は妨げない。

第九条
役員に欠員が生じた場合は次の通りとする。

  1. 役員会が必要と認めた場合は、第八条の規定に準じて補充し、その人気は前任者の残任期間とする。
  2. 役員は任期が満了しても後任者が就任するまではその職務を行う。

第十条
役員の職務は次の通りとする。

  1. 支部長は本支部を代表し、会務を統括する。
  2. 副支部長は事務局及び会計事務を行い、会の運営に関する職務を行う。

■第五章 会 議

第十一条
役員会は支部長、副支部長、幹事で構成する。
必要に応じて支部長が召集し、会務に関する事項を審議する。

第十二条
支部総会は年1回開く。但し、支部長が必要と認めた場合は臨時に召集することができる。
支部総会は次の事項を行う。

  1. 会則、内規の制定及び変更
  2. 役員の選出
  3. 収支決算の承認
  4. その他重要な事項
    なお、決議事項に関しては出席会員の過半数以上の承認を得るものとする。

■第六章 会 計

第十三条
会費は年間1000円とする。
但し、当分の間は、総会の会費及び寄付金によって支弁する。

第十四条
本支部の会計年度は、毎年4月1日に始まり3月31日に終わる。


■付 則

  1. 本支部会則に規定しない事項については理窓会会則を準用する。
  2. この会則は、平成7年10月15日より実施する。


制 定  平成 7年10月15日
改 正  平成13年 9月22日
改 正  平成16年 9月26日