支部長あいさつ

今年は30数年ぶりの大雪となり1月下旬から2月いっぱいにかけご苦労の日々が続いたのではないかと存じますが、東京理科大学理窓会福井支部の皆様にはますますご活躍のこととお慶び申し上げます。
私は、昨年の3月5日(日)に開催された理窓会福井支部において、16年間福井支部長を務めてこられた酒井康行様からその役割をバトンタッチ致しました、昭和47年理学部物理学科を卒業しました山下秀雄と申します。会員の皆様に一言ごあいさつをしたいと思っていたのですが、その機会が見つけられないまま今日に至ってしまいました。力不足で皆様に十分ご満足頂けないかもしれませんが、一生懸命努力したいと思っていますのでご協力、ご指導をよろしくお願い致します。
さて前酒井康行支部長におかれましては1月に開催された第109回理窓会新年茶話会の場で参与記を受章されました。酒井様おめでとうございます。そしてお祝いといえば藤嶋昭学長先生が昨年11月に文化勲章を受章されました。これも東京理科大学にとっては大変嬉しいことでした。私たちも是非あやかりたいものだと思っています。
今後は下記の新たに決めた係の方々と連携し、以下の1〜5のことを目標と定め無理をせずゆっくりゆっくりこれらを推進してまいりたいと思っています。

1.会員の発掘と参加者の増加を図る → 会員名簿の整備をする。会員相互の親睦を深める工夫をする。
2.こうよう会(父母の会)との連携を図る → 互いの総会への参加をする事から始める。
3.県外の支部との連携を図る → 6月の支部長会で富山、石川両県の支部長と話しをさせていただきました。
(これまで活発に活動しておられる関西圏の支部にできる限り出かけて勉強させていただいてきた。)
4.ホームページの充実を図る → その活用を呼びかける。また常にその更新に努める。
5.理窓会本部や関連の行事への協力を図る → お隣の滋賀県(彦根市)で開催している「鳥人間コンテスト」の応援活動から始めたい。

【理窓会福井支部の各係】
支部長        山下秀雄(理・物72)
代議員・教育会支部長 末本守(理工・物76)
事務局        荒井広臣(理・応数85)
HP           小林明男(理・化75)
会計         古市恭也(理工・建修95)

※上記の他に酒井康行前支部長をはじめとする数名の方々で役員会を構成し運営への相談やアドバイスをいただいている。

以上よろしくお願い致します。

平成30年2月吉日


支部長 山下秀雄
(理・物72)

< 次のあいさつ 前のあいさつ >

新着情報