支部長あいさつ

 理窓会青森支部長の阿保(あぼ)と申します。昭和48年理工学部物理学科卒業です。入学後数ヶ月でバリケード封鎖という時の学生でもあります。
 青森支部は私が係ってから少なくても40年の間、県支部総会はもちろん県南地区、青森・弘前地区などの地区会を毎年継続的に行ってきました。往時は県南地区を中心に数十名での総会が開催され、本部からも日本一?勢いのある同窓会とのお褒めを頂いたこともありますが、近年参加人数もめっきり少なくなり、他地区同様、若い方々の参加を中心にぜひ勢いを取り戻さねばと思っております。
 最近同窓関係で嬉しいことが二つありました。一つは、理工学部44年入学の同期生のメールによる連絡網ができ、東京を中心に料理教室や小旅行などのイベントを行っていることです。近いうちにぜひ参加し、旧交を温めたいと思っております。もう一つは、新宿笹塚に八戸の居酒屋版アンテナショップ?があり上京の折度々利用していましたが、そこで知り合った二人の若者が、二人とも偶然理工学部出身で、その後私が上京するたび必ず一宵を共にしてくれることです。
 最後になりましたが、本理窓会のますますの発展のため、青森支部の活性化に全力を尽くすことをお誓い申し上げご挨拶といたします。

支部長
(48理工・物理 阿保民博)

< 次のあいさつ 前のあいさつ >

新着情報